2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.10.05(Thu)

The Clash : London Calling

言わずと知れたThe Clashの大名盤。

高校のときの二つ上の先輩にBlack Flagや
Misfitsのかっこよさを植えつけられ、

それに触発された同級生たちが(ってお前じゃないのかよ)
RamonesやThe Clashのコピーバンドをやってました。

あの辺が僕のパンク原体験なんです。

正直、そのとき一番好きだったアルバムは二枚目だし、
一番聞きながら暴れたアルバムは一枚目ですが、

やはり、ここでまず挙げるべきは三枚目のこのアルバムかと。

音楽性の幅の広さというか、引き出しの多さが、

マジ半端ねぇw

よし、若者文化迎合成功w

1stと2ndにあった性急な感じはなりを潜めましたが、
一曲一曲のクオリティ高すぎ!

メロディとテンションとキャッチーさと歌詞と・・・
素晴らしさを伝えたい点は枚挙に暇がありません。

僕が好きな曲はrevolution rockとguns of brixtonです。

前者はこれから起こることに対する高揚感を感じさせてくれて
後者は落ち着いた曲調の中にも凄みを見せてくれる名曲です。(私見)

是非聞いてみてください。

Rancidが4枚目でやりたかったのは、
このアルバムだと、個人的には断言します。











London Calling London Calling
The Clash (2000/01/25)
Sony Mid-Price

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

タグ : 洋楽 punk clash

20:04  |  俺のCD棚  |  TB(2)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●はじめまして。

クラッシュのタグでヒットしまして、突然お邪魔させて頂きました。

BLACK FLAG僕もすごい好きで
でもちょっとマニアックで・・・

私のブログでもまだあんまりマニアックなものはのせていないんです。
パンクという意味ではCLASHも1stが一番かなと。

でも確かにこのアルバムの持つ音楽性の広さにただただ
驚くばかりです。

いつまでも聞けるアルバムという事では断然これですね。
■田中■ | 2006年12月16日(土) 23:56 | URL | コメント編集

●田中さんへ

コメントありがとうございます!

パンクという意味では1st、とういうのは僕も同意します。
怒ってますしねぇ。

そちらのブログにもお邪魔させていただきます。

また、よかったら寄って行ってください。
yo-ill | 2006年12月18日(月) 11:23 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://blogparty.blog31.fc2.com/tb.php/17-c9fdafc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

The Clash「London Calling」

「clash,the」1979年発表の3rd。レゲエ、スカ、ジャズ、ロカビリーなどあらゆる音楽的要素を取り込み、単なる音楽スタイルとしてではなくアティチュードとしてのPunkを訴えた傑作。何色にも染まれる自由度の高い白い音楽面を
2006/10/18(水) 19:22:06 | Rock Junkheadz

The Clash : London Calling

言わずと知れたThe Clashの大名盤。高校のときの二つ上の先輩にBlack FlagやMisfitsのかっこよさを植えつけられ、それに触発された同級生たちが(ってお前じゃないのかよ)RamonesやThe Clashのコピーバンドをやってまし
2006/12/17(日) 00:04:44 | ■Music In My Life■

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。