2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.10.17(Tue)

Editors : The Back Room

今日は「E」で。

そういや、E電って今でも言うの?

そんな疑問はさておき、
Editorsなんかはいかがでしょう。

いかがでしょう、と聞かれても。つー話ですが。
水曜どうでしょう、みたいな。
観たことないですけど。

とっとと本題に入れと。
はい、すみません。

EditorsのThe Back Room。

アルバム全体が持つ陰鬱な雰囲気がとても心地いい。

音程低めのボーカル、(けど、たまにファルセットも併用)
遠くで鳴ってるかのような印象的なギターリフ、
控えめにリズムを刻む乾いたドラム、
低音域を締め、曲展開をを印象付けるベース。

わかりやすいわけではないですが、テンションは高いです。
うちに向かって、という趣ですが。

ここ、最近のバンドでは、僕の中ではMaximo Parkに続いての当たりです。

最近じゃねーじゃん。というツッコミは積極的にシカトします(笑)

Joy Divisionと比べられることもあるそうですが、
その賞賛に足るアルバムだと思います。

暗いけど、意外と踊れますよーw

しかし、意外と「E」で始まるバンドって持ってなかったなー。

不思議。

絶対数少ないのかな?









The Back Room The Back Room
Editors (2006/03/21)
Kitchenware

この商品の詳細を見る

【More・・・】

BMG JAPANのeditorsぺーじ
http://www.bmgjapan.com/editors/
スポンサーサイト

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

タグ : 洋楽 alternative rock UK Editors

18:33  |  俺のCD棚  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://blogparty.blog31.fc2.com/tb.php/19-b26e34de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。