2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.10.31(Tue)

In My Eyes : Nothing to Hide

俺んち、「I」のCD少ないなー、と思いながら
レコード棚に目を移したら、あったあった。いいのが。

In My Eyes
「Nothing to Hide」

1997 Youth Crew revivalの代表格として
人気を馳せてたBostonのStraight Edgeバンド。

このアルバムは彼らの2枚目に当たります。

1stアルバムのジャケットアートワークを
かのPusheadが手がけたことで当時話題に上りましたね。

どこで?

俺と藤岡君の間で。
って誰だよ。

で、肝心の音はどーなのよ?と。

これが、久々に聞き直したら、めちゃくちゃかっこよかった。

バンド名からも分かるように(Minor Threatの曲名)
あの辺の影響うけまくりです。

Minor ThreatやYouth of Todayが好きな人は
即ヅモでゲットしてください。

あと、逆にYouth Crew系に偏見を持ってる人にもお勧め。
あいつらマッチョで暑苦しいじゃん、みたいな。

この人たちは違う。なんか知的。
ってほかの人たちがバカみたいって言ってるのではなくw

それが音にも表われてるのか、単なる昔の焼き直しじゃない。
ギターも表情豊かだし、楽曲もいい。

裏ジャケもかっこいい。

って、結局ジャケ買いかよ。

いや、ほんといいんです。このアルバム。

けど、「これはキター!!!」とか思ってたら、
このアルバムのリリース後、ソッコーで解散しちゃいました。

残念。

個人的にはアルバム五曲目の「perspective」とか
7曲目の「Welcome to Boston」とか、気に入ってます。

まあ、全体的に好きなんですけど。

MySpaceで何曲か聴けるから聞いてみて。
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=42379520

所属してたRevelation Recordsのサイト(英語)
http://www.revelationrecords.com/artistsfull.php?artists_id=118

Wikipedia(英語)
http://en.wikipedia.org/wiki/In_My_Eyes










Nothing to Hide Nothing to Hide
In My Eyes (2000/02/01)
Revelation

この商品の詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

タグ : 洋楽 punk Hardcore emo youthcrew straightedge Boston

07:33  |  俺のCD棚  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://blogparty.blog31.fc2.com/tb.php/24-625458e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。