2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.02.18(Sun)

uhnellys : ロングインタビュー その2

uhnellysのベースボーカル、
kimさんのインタビューその2をお届けします。

インタビューその1


以下、所属レーベルのサイト より抜粋
---------------------------------------------------------
uhnellys
kim(vocal,bass,guitar,トランペット)、midi(drums,chorus)による
男女2人組ユニット。Kimによるベースライ ンのリアルタイム
サンプリングとそれにジャストのタイミングで合わせたmidiの
グルーヴを基盤に、ロック、ヒップホップ、ジャズの垣根を飛び越えた独自のサウンドを構築中。

official web site
http://www.afromaster.com/uhnellys
my space 視聴できます!
http://www.myspace.com/uhnellys
---------------------------------------------------------

バンド形態について

「ベースとリズムがあれば・・・」

yoill:
2人でやってる、メリット・デメリットとかありますか?

kim:
デメリットは・・・
やっぱ、アイデアの数とかが乏しくなるんじゃないかな・・・。
まあ、元々みんなで創るタイプじゃないんで(笑)
何人とやっても別に変わらないんですけど・・・

yoill:
じゃあ、いいじゃないですか!(笑)


【More・・・】

kim:
あと、やっぱ数ですね。
音数が少なくなるじゃないですか。

yoill:
けど、音数は大分多いですよね。編成にしては。
けど、2人だからっていうのは無くないですか?

kim:
いやー、けど、それもありますよ。

yoill:
けど、例えばホーン入れるときだって、
そこに欲しいからホーン入れてるでしょ。
ずっとホーンがいたら、鬱陶しいでしょ(笑)

kim:
鬱陶しいです(笑)

yoill:
ずっとパート作らなきゃ、みたいな。

kim:
それは厄介ですね(笑)
何か、こうチョビっとしか鳴らなかった音、って
アルバムとか聴いててすごい残ったりするじゃないですか。
そういうのって、メンバーがいるとずっと吹いちゃったり、とかがあるんで。
そういう「間」っていうのも大事にしたい。

yoill:
なるほど、素晴らしくジャパニーズな、「和」な姿勢が・・・

kim:
そうそう(笑)。結構そうかも知んないっすね。

yoill:
サンプリングってあの場でやってるだけですよね。
あれ、全部即興?

kim:
いやいや!違いますよ!
上に乗せるのは大体即興ですけど、
ベースラインは(違います)。

yoill:
あのタイム感とか、すごいですね。

kim:
いや、苦労しましたよ。ひどいライブを何回もやってますからね(笑)
どう、叩けっつーの?みたいなやつを・・・
やりなおすのが恥ずかしいじゃないですか。
それをそのままやるともう・・・おかしな拍子みたいになっちゃって。

yoill:
スタジオでケンカしたりするんですか?

kim:
曲ではないですね。

yoill:
と、言うと?他でケンカするんですか?

kim:
まぁ、プライベートで・・・(笑)

yoill:
ちゃんと来いよ時間に、みたいな?(笑)
どっちがルーズなんですか?

kim:
やっぱ、俺っすね。

yoill:
「やっぱ」なんですか(笑)

kim:
そこは譲れないですね(笑)

yoill:
そこは譲ったほうがいいじゃないですか!
あとは打ち上げの時に「私だけ運転で(飲めない)・・・」みたいな。

kim:
ああ、ありましたね。今日も多分(笑)
まぁ、何かしらありますよ(笑)

yoill:
けど、ユニットで3年、って結構長いですね。
イメージ的にはuhnellysはユニットですか、バンドですか。

kim:
バンドですね。

yoill:
けど、これ以上メンバー要らないんですよね(笑)

kim:
要らないっすね(笑)
ウッドベースとかなら、入ってもらってもいいかな・・・
普通っちゃ普通になりますけど。

yoill:
乗せ方のような気もしますが。
逆にウッドベース入ったら、何するんですか?

kim:
voやりますよ。

yoill:
じゃあ、音数増えないじゃないですか(笑)

kim:
音数はもういらないっすねー。
ベースとリズムがあれば・・・

yoill:
かっこいいっすね。ベースとリズムがあれば(笑)

kim:
まぁ、考えて来たんですけど(笑)

yoill:
ワハハハハ!どこで言ってやろうか、と(笑)
音楽的には影響受けた人いるんですか。

kim:
そりゃいますよ。

yoill:
特にこれは譲れない、みたいなのは・・・

kim:
何すかねぇ・・・(としばらく熟考)

yoill:
例えば、今の音をやるキッカケになった人とか・・・

kim:
難しいなぁ。リズムとしてHip Hop・・・
あぁ、でもジョン・スペンサーがデカイかなぁ。
乗ってるギターはガレージだけど、
ドラムはブレイクビーツだったり、みたいなとこがあって・・・
そっからっすね、やっぱりそういうリズムとか好きになっていったのは。

その前は普通に60年代のガレージとか・・・
あと、黒人の音楽・・・独特のリズムとかあるじゃないですか。
ファンクとか好きでしたね。
P-funkはあまり聴かなかったけど、スライとか・・・

yoill:
今、面白いなぁと思う人とかいます?

kim:
今、っすか。ホント聴かないっすね(笑)

yoill:
普段、何してるんですか?(笑)

kim:
仕事してますよ。

yoill:
そりゃしてるだろうけど(笑)
練習も、仕事も無いときとか。
本、読んだりとか、友達と酒飲んだりとか・・・

kim:
ないっすね(即答)

yoill:
ないんですか?(笑)

kim:
ないっすね(笑)

yoill:
じゃ、何してるんですか?
まさか、毎日曲作ってるわけじゃないでしょ?

kim:
歌詞、覚えてる時間は長いっすね。

yoill:
あ、そっか。(歌詞)長いですもんね。

その3に続く
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

15:31  |  interview  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://blogparty.blog31.fc2.com/tb.php/48-dd5283cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。